Hatena::Groupraysci

霊賽

犀 2 Tw 霊際 KY Q Oj S © C Pj Pe() about
一覧 近コメ 近トラ SI QWERTY 系統変遷 Sholes特許 ETC -A VTM QPA TQ QLOOKアクセス解析
広島長崎原爆の威力、それぞれ67, 88TJ(TNT 16, 21kt) asking 原発や人為廃熱による温暖化の可能性→人熱
 | 

2014-10-30

線量の計測には、事故を想定した照射モデルが なかったっぽい。ってか 人工の無限広大線源は 準備無理だ。

07:42

http://ccdb5fs.kek.jp/tiff/2012/1227/1227043.pdf

https://www.jstage.jst.go.jp/article/radioisotopes/62/6/62_335/_pdf

地表に広く分布した134Csおよび137Csを対象とする個人線量計評価

平山 英夫

外部被曝線量評価の実用量(周辺線量当量, 個人線量当量)と、防護量(実効線量)の違い - Togetterまとめ

中西準子 vs 早川由起夫 比較

05:23

2014年の ヘリコプターからの測定を例に。 外部被爆に関して。 

中西準子http://togetter.com/li/672582 http://homepage3.nifty.com/junko-nakanishi/zak671_675.html#zakkan675早川由起夫http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-652.html国が示した基準
ヘリからの計測。 (ヘリでは周辺線量率 あるいは 空気カーマが測られていると思っている) 特段の言及がないような。 シンチレーションγ線カウンター
空間線量への換算係数 周辺線量→空間線量への換算と思っている。空間線量×1.2倍程度の値 地上・土壌のサーベイを参照している。詳細不明。 
地上1メートルへの高度換算係数
地上1メートルの空間線量 1 森林がよく保存自然減衰を表している。早川氏自前地図中では仮想芝生に自然減衰値を表現。これを航空機による計測の校正的に利用していると思われる。 1
人里 人手が加わるなどして除染されたあたり。主たる生活領域。(山林含まず。田畑はどうか?) 0.5(浸食運搬、3年経過して 半減期による自然減衰も相当程度ある。) 【加えて 除染掃除等 人里効果、、このあたりが どうなのか。】
空間線量を実効線量に換算。ファントムという人体を模した物を介した影響評価    0.7早川氏によれば 汚染状況重点調査地域を決めるにあたって 2011年12月に環境省が示した基準において 無視されていたとする。
屋内滞在中の被爆低減率 0.36?(UNCLEAR) (木造を想定0.4)(木造を想定0.4)
外部被爆低減係数 屋外8時間+木造室内16時間 0.60.6
自然放射線 0.04μSv/h0.04μSv/h
総合的な換算値は?0.3ぐらい。「中西個人は、航空機モニタリングの空間線量に0.3を掛けて使っている。」(伊達市の個人線量計実測値経過から?)http://homepage3.nifty.com/junko-nakanishi/zak656_660.html#zakkan6600.21(=0.5×0.7×0.6)
生活 なりわい 2012年現在、水田には不適。会津等OKの場所もある。

除染された区域でのみ生活できれば 早川説の現時点での係数 0.5×0.7×0.6=0.21というのも ありか。

早川氏に拠れば、2011年12月に環境省が示した基準の算定には 実効値に換算する係数0.7が抜けていた。

年1ミリシーベルトの追加被爆を1日当たりに割り振ると、1ミリ/365日/24h/0.7/0.6+0.04マイクロ=0.31マイクロ

早川説で 現状の自然減衰との差異係数0.5を掛ければ

年1ミリーベルトの追加被爆を 一日あたりに割り振ると 1ミリ/365日/24h/0.7/0.6/0.5+0.04マイクロ=0.58マイクロ

ただし 早川氏の空間線量は 芝生での 除染されていない区域での値なのかな?そして 生活者除染区域でのみ暮らす・・・。

 | 

このページの起こり

タイプライターに関して、
ブラウンコーパス全文一式を打鍵したときに 隣接するタイプバーが連続打字される機会の頻度を キーボードのキー配列をいろいろに変えた想定で計算、などしてみてます、。その際に、噛ませるフィルターとして、母音の扱いとか、数字段と上段 中段と下段の組合せでタイプバスケット上に割り付ける効果とか、A DFGHJKLM を残すとか、、低頻度文字組に着目するとか、、の効果が いかほどのものなのか、、