Hatena::Groupraysci

霊賽

犀 2 Tw 霊際 KY Q Oj S © C Pj Pe() about
一覧 近コメ 近トラ SI QWERTY 系統変遷 Sholes特許 ETC -A VTM QPA TQ QLOOKアクセス解析
広島長崎原爆の威力、それぞれ67, 88TJ(TNT 16, 21kt) asking 原発や人為廃熱による温暖化の可能性→人熱
 | 

2014-10-29

外部被ばく換算係数

02:00

以下の説明中では"被爆低減係数"と記されるべきところが "遮蔽率 "と書かれてしまっている。←は間違ってました。

失礼。以下の説明中では 遮蔽率60パーセントで ほぼオーケーみたい。つまり屋内での被爆低減係数が 1-0.6=0.4になる。 (2014年10月29日 12:36 訂正)

◆外部被ばく換算係数

モニタリングポストなどで計測した空間線量率を外部被ばく線量に換算する際に乗じる計数。建屋や自動車などの遮蔽の効果により屋内の空間線量率は低下するため、空間線量率がそのまま外部被ばく線量にならない。環境省は屋外8時間、屋内16時間滞在、建屋の 遮蔽率 を60%として計算した換算係数0.6を採用している。一方、1986年のチェルノブイリ原子力発電所事故においては、0.2~0.3が係数として報告されている。

AIST:404 Not Found

UNSCEARの独立性

06:10

欧州市民団体ECRRは、IAEAICRP、UNSCEAR間で人員が重複している事を指摘している。

原子放射線の影響に関する国連科学委員会 - Wikipedia

07:02

KEK Preprint 2012-44

January 2013

http://ccdb5fs.kek.jp/tiff/2012/1227/1227044.pdf

放射線防護に用いられる線量概念


個人線量計は、本来、実用量を測定することを目的としたものであるが、上記で述べたように、地表および地中に広く分布した線源中で着用した場合には、数値的には実効線量に相当する線量を結果的に測定していると言える。

日本の木造家屋生活者おける 外部被爆換算係数の 典型的な計算例。

07:31

外部被爆換算係数=屋外の低減係数×屋外時間/一日時間 + 木造室内での被爆低減係数×屋内滞在時間/一日24時間
外部被爆換算係数=   1    ×8時間/24時間     +     0.4       ×  16      /24
外部被爆換算係数=     1        ×  1/3           +         2/5           ×     2/3
外部被爆換算係数=             5/15                 +                     4/15
外部被爆換算係数=  0.6

「時間あたりの地表面から1m高さの空間線量率(μSv/h)」等に換算済み。

18:17

文科省から出されているデータは

  • 地上1m高さの空間線量率(μSv/h)や
  • 地表面への放射性セシウムの沈着量(Bq/m2

に換算済みの数値のようである。

航空機・ヘリコプターから実際に測っているのは ガンマ線 とのこと。)

放射線量等分布マップ拡大サイト:http://ramap.jmc.or.jp/map/

    放射線量等分布マップ拡大サイト 同意文:
    放射線量等分布マップ拡大サイトの開設について
    1. その他注意事項
      1. 放射線量等分布マップ
      2. 放射線量等分布マップ(走行サーベイマップ ):
      3. 航空機モニタリングマップ:ヘリコプターに搭載した高感度の放射線検出器を用いて、1秒間に1回、飛行軌跡直下の地上の地点を中心とした、飛行高度(目標高度:150m~300m)の概ね2倍の直径の円内に沈着した放射性物質から放出されるガンマ線を測定しています。その上で、各地点の時間当たりの地表面から高さ1mの空間線量率(μSv/h)は、上空で測定されたガンマ線の値と地上で測定したサーベイメータの値から、専用のソフトウェアを使用して算出しています。
         他方で、単位面積あたりの地表面への放射性セシウムの沈着量(Bq/m2)は、地上で測定されたゲルマニウム半導体検出器の測定結果と地表面から高さ1mの空間線量率の関係から、専用のソフトウェアを使用して算出しています。なお、飛行していない箇所(飛行軌跡上にない箇所)の値は、飛行している箇所で得られた測定値から、内挿法により、算出しています。

「時間あたりの地表面から1m高さの空間線量率(μSv/h)」の算定手順

21:32

http://radioactivity.nsr.go.jp/ja/contents/6000/5197/24/191_0511.pdf

文部科学省による九州地方、沖縄県の航空機モニタリングの測定結果について | 原子力規制委員会

放射性セシウム有意なエネルギースペクトルが検出されている地域における地表面へのセシウム 134、137の沈着量は、これまでと同様に、航空機モニタリングにより各地点で測定された空間線量率の値から、東日本全域における、天然核種による空間線量率の平均値を除いた上で、平成 23 年度科学技術戦略推進費「放射性物質による環境影響への対策基盤の確立」『放射性物質の分布状況等に関する調査研究』において、日本分析センターが実施した、ゲルマニウム半導体検出器を用いたin-situ 測定の結果と空間線量率の相関関係を基に算出している。


平成23年11月11日付文書

文部科学省による、岩手県、静岡県、長野県、山梨県、岐阜県、及び富山県の航空機モニタリングの測定結果、並びに天然核種の影響をより考慮した、これまでの航空機モニタリング結果の改訂について | 原子力規制委員会

航空機モニタリング報告書

広域環境モニタリングのための航空機を用いた放射性物質拡散状況調査 報告書

4. データ採取及び解析方法

4.3 解析方法

環境モニタリング|環境回復に向けた取り組み|国立研究開発法人 日本原子力研究開発機構 福島研究開発部門オフィシャルサイト
 | 

このページの起こり

タイプライターに関して、
ブラウンコーパス全文一式を打鍵したときに 隣接するタイプバーが連続打字される機会の頻度を キーボードのキー配列をいろいろに変えた想定で計算、などしてみてます、。その際に、噛ませるフィルターとして、母音の扱いとか、数字段と上段 中段と下段の組合せでタイプバスケット上に割り付ける効果とか、A DFGHJKLM を残すとか、、低頻度文字組に着目するとか、、の効果が いかほどのものなのか、、