Hatena::Groupraysci

霊賽

犀 2 Tw 霊際 KY Q Oj S © C Pj Pe() about
一覧 近コメ 近トラ SI QWERTY 系統変遷 Sholes特許 ETC -A VTM QPA TQ QLOOKアクセス解析
広島長崎原爆の威力、それぞれ67, 88TJ(TNT 16, 21kt) asking 原発や人為廃熱による温暖化の可能性→人熱
 | 

2014-10-28

(たぶん日本の木造家屋内での被爆を想定しての この)"0.4"は"被ばく低減係数(Shielding Factor)"。 ("遮蔽率"ではない。)

20:54

Re: to @conAGW_proNuc「日本では遮蔽率=0.6なら、掛けるのは0.4ではないか。」

  • 中西準子氏は "遮蔽率"ではなく "被曝低減係数"と解すべきだった。
  • 中西準子氏は "0.4"を 文字通り正直に"遮蔽率"と読み取ったのではないか。
  • IAEA技術文書1162にある "0.4"は"被爆低減係数" とある。

本邦における "遮蔽率"の用語の使われ方が やや混乱しているようだ。そのため 中西氏も混乱したのではないか。


中西準子http://t.co/No8OtLYA974)また、放射線の遮蔽率を0.5にしている。日本では0.4にしている。」とある。

"遮蔽率"が誤解をまねく というか誤用か。被曝低減係数 0.4 (地表汚染線源からの放射を木造家屋内で被爆する場合)

この "遮蔽率"は ここに掲げる用語としては適切でなさそうです。 0.4という数字は、IAEA技術文書1162http://www-pub.iaea.org/MTCD/publications/PubDetails.asp?pubId=5926にある被ばくの低減係数のことのようだ。ん?

20141028211916

IAEA Publications - Details

20141028212839

被ばく低減係数 (09-03-03-02) - ATOMICA -

おや?中西氏の雑感中でも "木造家屋内放射線が0.4"との内藤航の寄稿を引用してある。

雑感618-2012.12.11「福島の方へ:まず、自分の外部被ばく量を確かめたらどうだろう(提案)」

<特別寄稿>

外部被ばく線量推定の現状と課題              内藤 航

木造家屋内(遮蔽により放射線は40%になる)

ページ移転のお知らせ

とある。

 | 

このページの起こり

タイプライターに関して、
ブラウンコーパス全文一式を打鍵したときに 隣接するタイプバーが連続打字される機会の頻度を キーボードのキー配列をいろいろに変えた想定で計算、などしてみてます、。その際に、噛ませるフィルターとして、母音の扱いとか、数字段と上段 中段と下段の組合せでタイプバスケット上に割り付ける効果とか、A DFGHJKLM を残すとか、、低頻度文字組に着目するとか、、の効果が いかほどのものなのか、、