Hatena::Groupraysci

霊賽

犀 2 Tw 霊際 KY Q Oj S © C Pj Pe() about
一覧 近コメ 近トラ SI QWERTY 系統変遷 Sholes特許 ETC -A VTM QPA TQ QLOOKアクセス解析
広島長崎原爆の威力、それぞれ67, 88TJ(TNT 16, 21kt) asking 原発や人為廃熱による温暖化の可能性→人熱
 | 

2014-03-08

「検出限度以下あるいは科学的に立証できない∴ゆえに推定無罪」でいいのか? グレーゾーンと 金銭提供やらスポンサーの側につくか否か、、予防原則、、利益相反、、

13:49

広島原爆放射能影響評価として "1986年線量推定方式(DS86)"が出た直後ごろから 現場測定結果に表れた放射線痕跡実態が 計算値と系統時にずれているとの指摘が出たり、 被爆者サイド目線からの 突き上げ突き返しもあったためであろう。その後 "2002年線量推定方式(DS02)"にて見直されることとなったように思われた。 これで 日独米 三カ国でデータのクロスチェックが入り、かなり不偏不倒性が増したように思われた。

しかし、今中哲二氏自身が言うように 彼自らは原子力利権共同体(いわゆる原子力村)の窓際末席ということで 原子力村に公的には留まっている立ち位置にあるとの自己規定

ということで おそらく放射線影響研究所原子力利権共同体内に包摂されており その上部組織としてICRPもあるとも思える。

そのICRPだが 広瀬隆によれば 核実験の市民への許容値基準を定め 核実験影響の免罪符と成そうとしたもののよう。今から思えば とてつもない核放射能汚染拡散であったが 当時のICRPに照らせば基準内汚染であったことになるのだろう。

ICRPには なかなか広島長崎被曝データが反映されてこなかった。DS02以降のデータ反映はいつになるのか。

だが、DS02にも 不満な点は残っているようだ。

現下、ICRP原子力利用推進側寄りに見える。ことに 内部被曝の扱いにおいて。

ECRRだかは 民間機関で 医療よりなのか市民よりなのか だが データ解釈手続きの信頼性において 一段低く見られている面もあるようだ。

内部被曝の問題は グレーゾーンなのかどうなのか。判明していることまで グレー化しているのかどうなのか。

竹野内真里が、ICRP副委員長が支持するエートスin福島を批判しているが どうなのか?


予防原則は コストとの兼ね合いを含む概念のよう。 低コストで処置できるのなら 安全側で 予防的な暮らしを選びましょう、、

だが ちょっとやそっとのコストですまないときにはどうすりゃいいの? そのコスト越すとどうなっちゃうの?

ある負担可能なコストまでは 予防原則でいけるかも。でも負担限度そこ越えて その先となると、、

だれが負担?棄民、、


福島エートス頼りの人々は 棄民的な位置にかなり近い立場に追いやられた人々なのかも。

安東量子だかには彼女なりの考えも あるのかも?

保健物理 Vol. 47 (2012) No. 2 p. 102-107

話題 エートス (実用放射線防護文化) の構築にむけて ―ICRP勧告111に基づいた自助による放射線防護―

安東 量子1)

1) 福島エートス        J-STAGE公開日 20121207

エートス (実用的放射線防護文化) の構築にむけて
 | 

このページの起こり

タイプライターに関して、
ブラウンコーパス全文一式を打鍵したときに 隣接するタイプバーが連続打字される機会の頻度を キーボードのキー配列をいろいろに変えた想定で計算、などしてみてます、。その際に、噛ませるフィルターとして、母音の扱いとか、数字段と上段 中段と下段の組合せでタイプバスケット上に割り付ける効果とか、A DFGHJKLM を残すとか、、低頻度文字組に着目するとか、、の効果が いかほどのものなのか、、