Hatena::Groupraysci

霊賽

犀 2 Tw 霊際 KY Q Oj S © C Pj Pe() about
一覧 近コメ 近トラ SI QWERTY 系統変遷 Sholes特許 ETC -A VTM QPA TQ QLOOKアクセス解析
広島長崎原爆の威力、それぞれ67, 88TJ(TNT 16, 21kt) asking 原発や人為廃熱による温暖化の可能性→人熱
 | 

2014-02-06韓朝ロ日親善共同実験。日本海でメタン沸かす。原発全力焚きで一泡

たかだか原発の温廃熱程度で はたして「成層圏の水蒸気」を増やせるか? 増えちゃうと、現下温暖化寄与率推定5~10パーセント増幅程度が、さらに増えちゃうかもなんですけど。反対に 減らせれば、、

| 07:41

(小説)核融合炉を こうも呼べよう。 星は 遠くにありて眺むるもの、であってこそ美しかろう。

では 核分裂反応炉は なんと呼ぶ? 地上の地球中心(コア。核) 中と外がこんにちは。 地上に取り出した芯

  • 地上に ほぼむき出しに無造作に置いてある芯  地上に取り出した芯、(地球の)核

なな なんと 芯が 中味 出ちゃってるんですけど 地上に ほとんどむき出しに、、

  • 地殻にもマントルにも防御されることなく  こんな近くに 地球の核が @@

原発の温廃熱を 悪玉視はしていても、従来は その悪さ加減を たいして定量評価できずにいた。

そこに何と、巨大なる(逆)インディシャル応答を見る機会が生じたようである。

□□□□□□□□□□□□□□×■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ツー ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄×プチッ_________________________________

日本海の水温が 現下の日本海沿岸原発33基全停止で 下がる可能性が 指摘されている。機械工学の専門家である平松健男氏によって。

原発停止によって日本海の水温が下がるという注目すべき研究結果をまとめたのは、前回述べたように機械工学の専門家である平松健男氏。同氏は自動車設計に長年携わった経験から流体力学からCO2問題まで幅広い知識と関心があり、かねてより原発から海に放出される膨大な温排水の影響を危惧していた。とりわけ海面温度と温暖化の因果関係が明らかになる海として注視していたのが日本海だ。日本海太平洋と異なり、北は宗谷海峡津軽海峡に、南は対馬海峡に閉じられたいわば内海であり、しかも北海道から九州まで日本の全原発の半分以上(33基)が並び、温排水による海面温度の上昇とそれによる温暖化の影響が出やすいからだ。

恩田勝亘氏によるあおぽ特別寄稿 Vol.862【あおぽ|秋田のフリーペーパー 青いポスト21】

しかしここでは、

熱帯において 仮に 柏崎刈羽程度の密度の温排熱源を置いたときに 果たして 成層圏水蒸気を増やせるか?を検討してみたい。その温排熱源は空冷や水冷を用いて ひとが作業に関与できる程度の温度に 完全に制御下にあるものとする。(放射能漏れなど一ミリもナノもピコっぽっちもないのは もちろんである。)

成層圏にある水蒸気(H2Ostr)が 温暖化に 他の温暖化の効果への推定5~10パーセント増幅程度に効いている可能性が指摘されている。

  • 2007年初頭までは その影響は軽視されていたようだ
  • おそらく AR4 (IPCC WG1 Assessment Report 4th)あたりから 影響の大きさが 検討されるようになって来たのであろう。数値が表示されている。章まで割かれていたようだった かな。
  • AR5では メタンの放射強制力の項に組み込まれて表示された。
  • さらに、AR5発刊直後の2013年9月30日だかに出た論文では 先に示したような寄与率が 推定提出されている との著者談。

成層圏水蒸気(H2Ostr)による温暖化の特徴は 私の見るところたぶん その感応度のよさにある。非常に応答性が高く 即効性 反応が早い。即応性、、高感度、、たぶん。水蒸気源の供給が減ると 割とすぐに成水(H2Ostr)も減ってしまうのだろう。

温暖化温暖化というから 単調昇温傾向にあるように思っていたが じつは地球表層温度は 世紀末から世紀初ごろに 一旦停滞が見られた。

これに (H2Ostr)が寄与している可能性が指摘されているのである。

成水(H2Ostr)のカレント供給量の増減によって 結構簡単に 増えたり減ったりするみたいだし、影響も 温暖化のカーブを押し下げるほどに 結構大きい  とされる。

ではこの層圏Stratosphereにある蒸気 成水 (H2Ostr) いったい、どこからきたのだろうか?

素人である私が思うのは たとえば こないだ見損なった巨大ほうき星 彗星 のミニミニ 宇宙から飛来する 氷隕石 ってあるのかな? こんなんどうだ?あと、 単純に 大気中の湿気が 上に上って、、。

だが 話は そう単純ではない。でも そう複雑でもない。挙げられている経路は 2つ。

  1. ひとつは メタンガスである。
    • メタンそのものは大気中で寿命12年ぐらいだっけか。で そのうちあるものは 対流圏の上部に到達するであろう。そしてついに天井界面から成層圏にまで到達する。するとどうだ そこにオゾンがある。オゾンによって酸化され、成水(H2Ostr)となるのである。つまりこの過程では 成層圏オゾンをも消費する。成層圏オゾンには たぶん寒冷化効果があるんだっけかどうだっけか。放射強制力の説明図からすると たぶん そうなんだと思うが あるいは 大気中でオゾンに作用するとか そういうことなのかもしれない。まあいい。メタンCH4は 自身の放射強制力のみならず 成層圏の水蒸気増加にも寄与しているってことである。
      • 自然由来のメタン発生量には 温度依存性があることが知られている。周辺温度が高ければ そこらのメタン発生量は 増加しよう。たとえば 日本海を充分に沸かせば、富山湾沖のメタンハイドレートは どうなることだろうか、、泡と消えてくれればいいが、成層圏にまで達したならば、、 いや 考えるのはよそう、。
        • まてよ?これは重大かもしれない。
    • 原発33基で沸かされた日本海は巨大なメタン発生源であったか?

 | 

このページの起こり

タイプライターに関して、
ブラウンコーパス全文一式を打鍵したときに 隣接するタイプバーが連続打字される機会の頻度を キーボードのキー配列をいろいろに変えた想定で計算、などしてみてます、。その際に、噛ませるフィルターとして、母音の扱いとか、数字段と上段 中段と下段の組合せでタイプバスケット上に割り付ける効果とか、A DFGHJKLM を残すとか、、低頻度文字組に着目するとか、、の効果が いかほどのものなのか、、