Hatena::Groupraysci

霊賽

犀 2 Tw 霊際 KY Q Oj S © C Pj Pe() about
一覧 近コメ 近トラ SI QWERTY 系統変遷 Sholes特許 ETC -A VTM QPA TQ QLOOKアクセス解析
広島長崎原爆の威力、それぞれ67, 88TJ(TNT 16, 21kt) asking 原発や人為廃熱による温暖化の可能性→人熱
 | 

2014-02-03

人為的メタン主導温暖化傾向要素(CO2の効果は遅効性)(阿川琢磨説より)+or×惑星規模変動(たとえば中村元隆説など)

| 05:38

温暖化論の父:アレニウスに敬意を表してのことであろうか 地球温暖化係数GWP(Global Warming Potential)の基準となる分母には 二酸化炭素が据えられている。

だが、

この先百年程度の温暖化を考えた場合 二酸化炭素の影響は軽微であろうとのみかたもある。

二酸化炭素研究の権威においても 倍に増えた場合の影響が 0.65度程度だかと見積もっている場合もあるようだ。二酸化炭素については 気候感度が低下してきている。限界効用 1991年ごろ基準CO2温暖化係数逓減の法則的な 漸化傾向、 

    • (GWPは CO2を分母とするので CO2自身のGWPの逓減となると ややこしいが 各次での 基準側のとりかたは どうやっているのかな?)
  • いったいどのような理由でなのか。 希少性の逆、ふんだん性?過剰性、 もう腹いっぱい? 奪い合い? いったいどんな状況なんだ?

また、二酸化炭素影響が あとあとほど効いてくるというのは 二酸化炭素の効果寿命が長いみたいからのようで、効果の半減期が あるのかないのか、たぶん CH4とCO2のAGWPの異なる様相が 参考になるのではないか。

http://www.climatechange2013.org/images/report/WG1AR5_Chapter08_FINAL.pdf

http://f.hatena.ne.jp/raycy/20140202164510
AGWPとは? - 霊賽 - 数理っぽく?:

このAGWPないしAGTPの差が 阿川の言う 今効いているのはメタンが主、 このままでは ゆくゆくはCO2ってことなのだろう と。百年二百年三百年とたつにつれてCO2のAGWPがついにCH4のAGWPを追い抜く。(ただし 先述のように ここからのCO2の倍化は さほど気候感度がない との意見もある。)


石田靖彦は 正のフィードバック(正帰還)の効果を指摘する。

阿川の「T-CO2メタン連動システム」と例示を参考にして 当てはめれば 効果ガスによる温度気温上昇をパラメーターに介するようにして 凍土や氷河 海面水面湿原などからの 人為の間接的作用によるメタン二酸化炭素の発生が 従動的に加速が促される。


二酸化炭素温暖化能は その効果を実験で実感することが 割と容易そうだが、 他の メタン、一酸化窒素、となると、中学校の実験室での赤外線照射実験程度では なかなか GWPの大きさの差までは理解しがたいような 結果となる。教材研究の現場での実験によれば

本研究では,中学校理科で取り扱われやすい環境問題の中でも地球温暖化メカニズム温室効果ガスに焦点をあて,二酸化炭素メタン,一酸化窒素ブタン温室効果検証実験を行い,その結果とそれぞれの温暖化係数二酸化炭素:1,メタン:21,一酸化窒素:310)との関係の考察を行った。

CiNii 論文 -  温室効果ガスの検証実験と中学校における教材化に向けた基礎研究

むしろ だからこそ シミュレーションやら理論やらの卓抜さを学ぶ場ともなる?

いや どうすれば うまくじっけんできるかを考えるのだ さあ。

  • アレニウスは また、寿命の法則の父でもある。 文明にも寿命があるとするならば それは温度の関数かもしれない。法則によれば 高温になるほど、寿命というものは縮まるものらしい。あるいは 人間社会の営みの温度ということならば 激しく人物がぶつかり合いしすぎる状況か? とは あまりにも飛躍した アナロジー にならぬたとえであろうか。反対に 寒すぎれば 死んでしまう、。生体的には 酵素の快適活動範囲の確保ってこと。建造物的には その目的においては まあ 同じく生体快適の確保ということになるか。というか 最低限の生体快適確保は着衣調節も含めて総合的に というのがクール/ウォームBizの思想か。
    • アレニウスはまた、土壌解析メソッドをも提案しているようなのだ たぶん。このへんから 宮沢賢治の アーレニウスとの邂逅が あったのではないか、。そして『グスコーブドリの伝記』にいたる、と。あるいは 順序が逆で アーレニウスの宇宙論に魅入られて 農業を目指した? ? 時間順はどうなっているのか。
      • あるいは 実は別人?アレニウス違いを勘違いのまま 宇宙から農業へ? 同一人物かどうかの同定が先か。

この 温暖化係数の確定にむけて、巨大実験箱物ドーム建設の たぶんおふざけ提案をみたが、

私としては各温室効果ガス温室効果検証実験でダメ押し的な決着をつけるために、東京ドーム位の大きさ(それよりも大きくてもよいが)の半球状ドーム状の施設を建設して欲しい。

ドームの下面は地面や人工池や作物で擬似的地表面とする。

CO2やCH4やN2Oの濃度をいろいろ変えて、シュミレーションの予想と一致を確かめる訳だ。ドームへの入射太陽光も連続的強度を変えられるようにする。 素粒子物理では理論と実験が両輪で進歩していく。温暖化科学も見習うべきだろう。

 建設費用は大したことはないのはすぐ分かる。

No.2001 温室効果検証大型ドームの提案 - 地球温暖化問題の科学技術的考察 - 学問(理系)掲示板 - textream

こんなのでは 大気の窓の影響や、凍土や氷河海面からの気温上昇による正フィードバックや、成層圏への影響挙動などにかんして 何も 得るものが 期待できない、。いやまてよ? 巨大フラスコ、それはそれで なにかうるものは あるのかな、、。大気を混合したときの交差項 交互作用の測定? 、それもあるか、、何を実験したいのやら、、

たぶん大気の窓の外、人工衛星で なにか 試みているようである。まずは 観測から。

NASAの地球観測衛星Aquaの赤外データAirsが面白いーー「大気の窓」を自分で確かめる : toshi_tomieのブログ

メタンの地球温暖化係数は ICPP AR次数の関数か?それとも時間関数?温度の関数?メタンの濃度自身の関数?

| 07:32

メタンのGWPが増大している どちらかといえば 等比級数的にである。

IPCC評価報告書第何次?1次2次3次4次5次6次
メタンの100年地球温暖化係数GWP21未見232528さて

いま何次?

IPCC - Intergovernmental Panel on Climate Change

IPCC評価報告書の次数と年次 そのときの平均気温などを横軸にとって メタンCH4の100年GWPの推移をプロットしてみようかと 計画してみる。


第一作業部会報告書:自然科学的根拠

IPCC評価報告書第何次?1次 2次3次4次5次6次
IPCC評価報告書発行年 1990-1992199520012007年2月2013年9月ごろ  
CH4の100年地球温暖化係数GWP21未見232528さて

2000年ごろの温度の停滞を 二酸化炭素の単調増加傾向のみでは 説明し得なかったろう。むしろメタン濃度や 成層圏水蒸気濃度推移との相似形を見取ったのかな と想像しています。

09:30

IPCC AR5(2013.9)において 成層圏水蒸気の影響が強く織り込まれた。この経緯を 勝手に推測してみる。


地球温度に関して 2010年に、成層圏水蒸気の影響が大きいとの説がニュースとなった。

2010-01-30 20:17:14

成層圏の水蒸気

テーマ:気候変動-現在

 成層圏の水蒸気量が減ったことが、今世紀に入り気温上昇が鈍化している原因だとするニュース がありました。

成層圏の水蒸気|さまようブログ

私が想像するにたぶん、地球温度のカーブと 成層圏水蒸気濃度のカーブが 相似形にフィットする部分があったので これをエヴィデンスとして見取ってのことだったのかな っと。またこの成層圏水蒸気濃度のカーブがメタン濃度とも相似形をみてとって メタンの効果も かさ上げしたのかなっと。メタン成層圏への水蒸気供給源のひとつとして 認定されたかたちである。

しかしながら 成層圏の水蒸気は 熱帯域の対流圏界面からの直接流入もあるという。いまだ 決着は ついていなそう。

こんどは メタンバブルがはじける可能性も ないわけでも ないか。 

メタンのGWPの最短期限(初期)値、ほぼゼロ年ないし1年GWPの近傍では ICPP AR5 第5次では第4次の2倍ほどになったであろう。第1次とくらべれば それ以上だろう。

| 10:13

IPCC AR5で 温暖化ガスの効果全体におけるメタン(および成層圏水蒸気)の地位が増した。すると相対的には 二酸化炭素の地位を低下させなければ 帳尻が合わぬ。

ことに ごく初期の短期部分においては メタンの地位は一挙に倍増したのである。二酸化炭素の地位は 一挙なる低下を余儀なくされよう。

Global Anthropogenic Greenhouse Gas Emissions in 2004 - See more at: http://ete.cet.edu/gcc/?/globaltemp_ghgandtemp/#sthash.PfAqosdV.dpuf

Source: IPCC 4th Assessment Report: Climate Change 2007: Synthesis Report.

http://www.epa.gov/climatechange/emissions/globalghg.html

http://ete.cet.edu/gcc/?/globaltemp_ghgandtemp/

京都議定書メカニズムでは メタン二酸化炭素換算レート 地球温暖化係数を 21倍とした。

そして つい最近まで (いまも?)この 21倍を採用してきたのである。

これは過小であった可能性が高い。

そして 二酸化炭素の地位は 過大であった可能性が疑われる。いわば GWPにおける炭酸ガスバブルであった。

京都議定書IPCC ARの科学的根拠の(変節?)単なる改定が 生み出したものである。

そして炭酸ガスバブルが 2013年9月のIPCC AR5の発刊をもって 公式に 破裂過程に入ろうとしているのかもしれないのである。

これと 排出権は いかような関係にあるのか  それは まったくわからない。

たぶん あんまりかんけいないのかな、、もうすでに だいぶ落っこちたあとのようだし、、


この GWPにおける炭酸ガスバブルに似た例としては、

42円ぐらいに決められた 太陽光発電の売電 買い取り価格があったかもしれない。

かもしれない とは 今後極端なインフレが進行した場合には とか デフレが進行した場合は とか、 もし再びデフレならば いったいどうだったろうか。

太陽光発電(and蓄電)設備機器がデフレすることは 制度設計の与件では あったはずであろうが。

いずれにせよ 設置したものは 太陽光発電設備を持たざる層から いくぶんせしめることとなる。


あるいは メタン対策こそ 人為温暖化対策である といった政策の舵取り さじ加減 となれば いかがであろうか。

でもまあ そんなことは なさそうかな、、

もし 温暖化ガスの定数測定に てか そもそも定数はないか、

| 18:50

東京ドームほどのおおきさの温暖化実験施設をつくるとして?

かどうか、

大気の窓を 実験的に構成することは 可能か?

二重三重のドームにして 天井側に大気の窓層を設けたり成層圏を設けたり、、

定数?への疑問は 

>:title>

アレニウス表は 実験計画法的なもののような、 って 前にも いきあたったっけかな、、

| 18:52

アレニウス表が あのアレニウス、二酸化炭素地球温暖化ガス説のアレニウス、寿命の法則のアレニウス。そのひとのアレニウス表であることは 間違い無さそうだ。

だが それは 実験計画法だか、データコントロールだか なんだかみたいなもののような、

土壌解析法といった 土壌に限られたものではなさそうな、、

 | 

このページの起こり

タイプライターに関して、
ブラウンコーパス全文一式を打鍵したときに 隣接するタイプバーが連続打字される機会の頻度を キーボードのキー配列をいろいろに変えた想定で計算、などしてみてます、。その際に、噛ませるフィルターとして、母音の扱いとか、数字段と上段 中段と下段の組合せでタイプバスケット上に割り付ける効果とか、A DFGHJKLM を残すとか、、低頻度文字組に着目するとか、、の効果が いかほどのものなのか、、